微酔王子

抱きしめて、銀河の果てまでー!スーパーデンジャラスハイテンションダイアリー★☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VitaminX Evolution感想【悟郎vs二階堂】

【悟郎vs二階堂】
ハァハァ・・・い、今起こった事をありのまま話すぜ・・・。

ある日、路上で@@@@@に頬を染めながら見とれていたところ
運悪く主人公とぶつかり、実は悟郎並みのポペラと判明。

「貴女だけには知られたくなかった。ああ、迂闊すぎる。」
いや、そのヘアピンがすでに迂闊だろ。   

↓これ
2008041022203320080410222034

「私は、どうしようもなく・・・@@@@@に目がないのです。」
だめだこいつ・・・早く何とか(ry

悟郎のメイド姿も「何を誉めろと言うんです?」と、呆れた表情の裏で、おそらく
「ゴロちゃんポペラCUUUUUUUTE!!!お持ち帰りぃぃぃ~(以下自主規制)」

などと、×××していたに違いない。
ちなみに、
縛りたい・・・貴女がこの、ネクタイならいいのに」

等、SMチックな発言も見られ、警戒ランクSの人物であるのは確か。

その後、外見と中身――優れているが故の偏見についてB6を例えに力説(というただの言い訳)をし始める二階堂。気持ち悪い。いいぞ、もっとやれ。

マンションの一室に@@@@@部屋があるという二階堂にはお約束の悲しい過去が。
ポペラが原因でフラれ――ではなく、真田とガチホモだったのである。
男とおそろいのストラップを付けていただけでなく、真田専用部屋を作ってコレクションとして所有していたのだ。フラれるのも無理はない。

主「真田先生をください!」
「あれは私の持っている犬系@@@@@の中でも一番可愛いものなので差し上げられません」
何のフォローもできない。

当然、それは真田の部屋などではなかったのだが、
「あれはーベルシュタイン・クシミリアン・シャウト・ゴロのための部屋だったのに!」
なんとも気持ちが悪い。
ちなみにこの頭文字を取ってつなげると、アハ体験できる。

こうして、カカア天下の扉の鍵をGETした主人公と、晴れて結ばれることとなった二階堂。
その健気さには誰もが心打たれ、涙しただろう。
だが彼らは知らない。
5年後に現われるであろう、“幸せな家庭ブチコワシ魔”の存在を・・・。

-完-

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。