微酔王子

抱きしめて、銀河の果てまでー!スーパーデンジャラスハイテンションダイアリー★☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじける磯の香りデート!


昨夜は巷で噂のSexyBoy、SEXY!URA☆URAに焼肉デートに誘われてオール。

ヤツはどういうつもりなんだ?
あけおめメール以来、毎日メール来るけど彼女と別れたのか?
でもそーゆーの気にしない人だし他意はないよね?

彼は、今は黒髪で落ち着いているけども、サングラスでもかけていようもんなら芸能人に見間違えられるようなルックスの方。派手な人はコワくて近寄れない私ですけど、蓋を開けてみれば可愛らしい内面もお持ちな方で・・・ときどき遊んだりします。

待ち合わせ場所についた私。ヤツを発見。
「おまたs・・・Σ(゚Д゚lll)!?

スーツに黒縁眼鏡です・・・!(*´Д`*)'`ァ'`ァ

どうみてもU良太郎です!!おまえ、対・俺用か!!!←違
「青いメッシュ入れてくれよ・・・(;;´ω`)ノシ」なんて言えるわけありません。
心の鼻血に栓をしつつ、ここはおとなしく店内へ。
注文を済ませ、落ち着いたところで本題に入る俺。

「それ・・・どうしたん?・・・でへへっ・・・←興奮で止まらないニヤニヤ。どうみても変態
眼鏡を外し、私にすすめる彼。
違・・・ッ!そうじゃねぇ!かけておいてくれ頼むから!!

「病院が閉まっててコンタクトがねー。でも俺、眼鏡全然似合わんからなぁ」
全力でふるふるする俺。
「そんなことないって!さぁさぁ早くかけたまえ( ̄ー ̄)ノシ」
「なんだよそれw」
「・・・いやー、いいなぁ、スーツに眼鏡・・・vv」
「あ。なるほどそういう人かw確かに好きそうだなー」
「違、そんなんじゃないっΣ(゚Д゚;≡;゚д゚) でも、今日はいいモノが見れた^^ホント得した^^」
「こんなんでよければいつでもどうぞ」
「ホンマに!?わ~(●´Д`人´Д`●)♪」

買い物行きたい。続く・・・かな?ウラ追悼記念。←

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。