微酔王子

抱きしめて、銀河の果てまでー!スーパーデンジャラスハイテンションダイアリー★☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学プリ~幸村精市ED~

先日アクセス解析にてとんでもないものを発見してしまった・・・
「テニスの王子様 学園祭の王子様 幸村精市 感想」
わかりました今すぐレポを!!!これはなんらかのお告げに違いありません!←?
そうね幸村サマは隠しキャラ!需要も多いハズ(;´ω`)
頑張ってレポしたからほめてね><。⇒はくしゅ♪
ではさっそく参りましょう!※主人公=桜塚紅亜となっております。

◆初日ミーティング
「精市!」「フッ・・・唐突な奴だな」「部長!うわ、本物だ!」
赤也、さっそく死亡フラグ。
「おう。お前さんの制服姿、ホントに久しぶりだ」
しばらくパジャマ姿しか見てなかったし・・・ゲフンゲフン!
「言ってくれれば迎えに行ったのによ」
ジャッカルは幸村の恐ろしさを肌で覚えているので度々こうやって下僕志願します。
「みんな、忙しそうだからね。それに驚かせたかったし。・・・ん?その子は?
アッー!目が合った!!!
この時点で自分の将来が確定してしまったこと、桜塚さんはまだ知らない・・・。

◆幸村も学園祭の手伝いをするという話。
「そういうわけでみんな、不定期だけど俺も手伝う事にしたから。よろしく頼む」
「部長がよろしく頼むと言うのも、おかしなものだな
「部長の復帰第一戦が学園祭ってのも、おかしな話っスよね」
確かにな
柳、切原、真田。着実に立っていく死亡フラグ。
「ま、無理せずさ。学校の雰囲気を思い出していけよな」
ジャッカルやっぱ下僕志願www

「進行具合もキミに聞けばわかるね。キミの携帯の番号、教えてもらえるかな。
教えてもらいたい事とかあるからね」

は、早ぇーーー!!もう携番かよー!( ;゜Д゜))))
「あ、はい」
おいコラ主人公とつっこみたいのですが問答無用、「断る」の選択肢すらありません。
「教えてもらうって、何を聞くんスか?」
「そりゃあ、赤也がさぼってないかとか、仁王がどこかで昼寝してないかとか、いろいろね。
弦一郎と蓮二の目の届かないトコとかもあるだろうし」 真っ青になる面々。
「頼むね、桜塚さん。フフ・・・」 彼女の今後が非常に心配です。

◆赤也の宿題が終わっていないと発覚。手伝えと懇願する赤也。
「・・・赤也。テキスト一冊なら死に物狂いで頑張れば二日で出来る量だね」
「えーっ!無理っスよ!」
いや、出来るよ。弦一郎もそう思わないか?」
「ああ、出来るな。見張る人間が必要になるが

「そうだね。明日は弦一郎、明後日は蓮二でいいかな^^

!!!Σ(@д@;) Σ(@д@;) Σ(@д@;)

「あの・・・私も何か手伝いましょうか?」
「いや、キミがいると赤也は写せばいいと思ってしまうからね」
心の声:(だめだよ。君には明日デートに付き合ってもらわなくちゃ。フフ・・・)←※妄想

◆3回目の電話、デートのお誘い。
「じゃあ、俺とデートしない?」 うわぉストレート!カッコヨスwww
植物園で初デート。特に甘くもなく、幸村さまが闘病生活で得た経験など語っておられました。
※彼が本当に怖いのはここからです。

◆慰労会。
「水球とか騎馬戦とかやってるらしい。赤也からメールがきて、教えてくれた」
仁王の時もだけどさー、なんなんだこの部長と部員の連絡網。
「勿論大丈夫だよ。メールで激励しておいたしね^^
「どんな激励したんですか?」
「フフ・・・内緒だよ。さ、掃除を片付けてしまおう」 (´・ω・)?

「お帰り、みんな」
「あ、ああ」「た、ただいまっス・・・」
ん?真田と切原の様子が・・・。
「は、ははは・・・」
今まで幸村に対し一番のビビりっぷりをみせていたブン太。ここへきてついに壊れたか・・・!
「ち、ちょっと疲れたかな、うん」
な、なんと! 4つの肺をもつ男・ジャッカル桑原が疲れています!!!( ;゜Д゜)))
「全ての競技において、一位をとったぞ」
「そ、そりゃ・・・あんなメールもらったらな」
ありえねぇー!!!一体どんなメールだよ!?(i|!゜Д゜i|!)
「やる気、でただろ?」
「それはもう・・・」
「?幸村先輩の激励メールのことですか?」
「ま、まぁ気にするな。なっ、赤也!」
「部長の怖い所・・・久しぶりに思い出しちまったぜ・・・」  ○| ̄|_×7

◆当日、模擬店回り。他のキャラと違い、選択権もなくあちこち連れまわされます。なんなんだw
・六角、海の家
佐伯「そうそう。驚くなよ。一年生で部長なんだよ、そいつ」
「へぇ・・・それはすごいな。けど、自慢する事じゃないんじゃないか?^^」  (;^ω^)
・不動峰、お化け屋敷
橘「色々あってな、こっちに引っ越してきた」
「そうか・・・蓮二は教えてくれなかったな^^
柳、死亡フラグ
・青学、わたがし屋
手塚「全国では是非、お前と手合わせしたいものだな」
「そうだね。でも、俺としては弦一郎を倒した、噂のルーキーが気になるよ。
手塚→→→→→→幸村→リョーマな件についてwww
「越前か・・・そうだな。あいつは青学の柱になれる奴だ」
「へぇ・・・キミがそこまで買っているなんて、益々興味がわいたな」
完全にフラれたw
その後、手塚について話す主人公と幸村。
「フフ・・・そうだね。弦一郎もそうだけど、手塚も年齢不詳だし^^
ちょwヒドスwwwwwww
「わ、私そこまで言ってませんよ」
(迫りつつ)「でも、思ったよね?^^
「そ、それは・・・その・・・」
「フフ・・・」   ○| ̄|_

◆真田たちの様子を見にきた二人。
「俺はちょっと蓮二の方に顔を出してくるよ。しばらくここで待っていてくれるかい?」
残された主人公。幸村が元気なのはヒロインのおかげだという真田。
「え?私が・・・」
「ああ、精市はお前の事を・・・」
ちょっとマテーーーー!!!Σ(/ΟдΟ)/
他キャラなら「聞きたかった~」ってなるとこだけど、その先言ったらおまえは死・・・!

「やあ、待たせたね」
よかった!颯爽とお戻りです。
「どうだった、蓮二の方は?」
「ああ、少し売り上げが伸びないって言ってたから注意しておいたよ^^」
!?Σ(゜□゜(゜□゜*)
「む・・・注意、したのか?」「ああ、いつものようにね
「そうか・・・蓮二も大変だな」

◆結果発表。柳たちが優勝。
「げっ!幸村!」
「ああ、丸井。よくやったね。すごいじゃないか」
「あ、あー・・・まぁその・・・部長に注意されたし・・・」
ブン太の目を逸らす姿がすべてを物語ってます・・・(。´Д⊂)
「ああ、幸村くん。なんとか・・・やり遂げましたよ」
「・・・部長に注意された以上・・・やらないわけにはいきませんから・・・」 ○| ̄|_×3

◆告白、広場にて。なにやら頼みがあると幸村様。
「頼みは三つ。一度に言うね。一つ目、テニス部マネージャーになって欲しい。二つ目、キミの事、これから名前で呼ばせて欲しい。三つ目、俺、キミの事が好きだから付き合って欲しい」
キターーーー!!! でも展開が早くて素直に喜べない・・・!
「フフ。やっぱり驚いたね。理由かい?三つ目のは好きだから。これ以外に理由はないね。二つ目は付き合うからにはやっぱり名前で呼びたい。一つ目はキミのマネージメント能力が高いことと、マネージャーになってくれれば、俺としても安心だから。傍にいる機会も多いだろう?それに俺が卒業した後だって部の先輩としても会いにいけるし。」

「テニス部にいれば、悪い虫も寄って来ないし、
寄って来たとしても赤也に虫除けになってもらえばいいしね」


虫 除 け !!
「この三つの頼み、聞いてくれるよね?」
こ、断れない・・・!○| ̄|_
「いきなりで・・・あの、混乱してて・・・」
「デートに行ったとき・・・言ったよね。自分の心に素直になろうって。悔いのないようにってね。キミと俺は会って間もないし、一緒にいた時間も短い。でもね、そんなことは関係ないんだ。俺はキミが好きだ。だから傍にいてほしい。ただそれだけなんだよ」
・・・そんなふうに言われて断れるヤツいねぇよ卑怯者ッ!(つд∩)
「せ、先輩・・・」
「キミ自身が俺のこと、どう思ってるかわからないんだろうね。今はそれでもいいんだ。これから俺の傍にいて、俺のことを見ていてくれ。そして俺のこと、好きになって欲しい」
○...........................| ̄|_

◆後日談、高1になった主人公。半ば強引に付き合った二人でしたが今やラブラブです。
「紅亜、入学おめでとう。やっと同じ学校に通えるね。まったく、長い一年間だったよ」
この「まったく」をぜひプレイして聴いていただきたい。盛大なため息が聞こえてくる(かのよう)
「ふふ。先輩ったら、最近そればっかり」
一年間相当愚痴ってたんでしょうね!ああ、R陣の苦労が目に浮かぶ><。
「それだけ楽しみにしてたってこと。ずっと待っていたんだからね。入部届は出してきたのかい?」
「いいえ、始業式の時に出しに行きます。切原くんと一緒に」
「そうか。そうだね、赤也もいたね^^

虫 除 け は 忘 却(つд∩)
「あ、可哀想な言い方」
「いいんだよ。俺にとってはキミが最優先なんだから。さ、そろそろ行こう。弦一郎達も待ってる」
「あの、これからもよろしくお願いします。マネージャーとしても、その、彼女としても・・・」
「・・・うん、こちらこそ。好きだよ。」
「私も、大好きです・・・」

恐怖の宴、これにて完!つかれた(ノ∀`)b ⇒はくしゅ?

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。